NEWS

■■■■今までのコラム■■■■

はみだし塾0回・キックオフ大盛況!

2011.08.08

 

みなさん、こんにちは。
はみだし泰造です。
8月1日、はみだし塾0回キックオフが無事に終了しました。

参加者は、最終的に90名でした。
当初、最低でも20人、できれば30人来てくれたら、と願っていたくらいですから、大盛況だったと言っていいと思います。 ぼく、はみだし泰造にとっては、仕事仲間である葵プロモーションのプロデューサーや制作のみなさん、本編集やMAでお世話になっているデジタル・ガーデンの方や、普段は顔を合わすこともないデスク職や、グループ会社のみなさん、ほんとうに大勢の方にお集まりいただきました。

事前に「はみだし」のコンセプトやプロジェクトに寄せる思いをメール配信させていただいていたので、それに興味を抱いてお集まりいただいたのだとは思いますが、正直言って、みなさん、どことなくきょとんとした表情(笑)。一体、何がはじまるのか、今日はどんな話を聞くことになるのか? つかみどころのない、予想のつかない感じ。そんな気配が漂っていました。 そして、7時15分を回った頃からたっぷり一時間強、ぼく、はみだし泰造が、用意してきたパワーポイントをもとにお話させていただきました。題して「なぜ、はみだしか?」。
CMディレクターの立場から、最近、ぼくが感じてきた閉塞感や問題意識。それが、なぜ、どこから来ていているのか。そして、ぼくら自身が変わり、「はみだして」いかなければならないという思い。そんなことを、熱っぽく(少なくともそうありたいと思いながら)お話させていただきました。

「1時間も話を聞いて、居眠りをする人がいなかった。これはすごいことだ!」というお褒めの言葉(?)を藤原社長から頂戴した後、いくつか、賛同や共感のご意見をいただき、あっという間に2時間が過ぎていきました。

翌日、広報IR部・須永さんが早々にまとめてくださった参加者のアンケートを読ませていただきました。みなさん、ストレートに、ぼくが伝えたかったことや「はみだし」の意味を受け止めてくださっている。安心しました。いや、力とか勇気を、もらいました(好きな言い回しではありませんが、そうとしか言いようがありません)。時間はかかったけれど、このプロジェクトがスタートできて、ほんとうに良かった。この閉塞感をなんとかしたい。はみだしたい。そんな熱い思いだけは、シェアすることができたのではないか。みなさんがアンケートに書いてくださったことに、早くもワクワクするものを感じています。

(2011.8.8)

はみだし泰造