NEWS

■■■■今までのコラム■■■■

スマイルレターとLIGHT UP NIPPON
-東北復興支援に取り組むふたり-

2011.12.26

 

 みなさん、こんにちは。はみだし泰造です。
 12月5日に行われた、今年最後の第4回はみだし塾は、ゲストに、写真家の蓮井幹生さんとLIGHT UP NIPPON発起人の高田佳岳さんをお迎えしました。おふたりは、ぼく、はみだし泰造にとってはかけがえのない友人。そして、当日の参加者はもちろん、このコラムをお読みの多くのみなさんにとっても、良き仕事仲間だと思います。
 今年は3月11日に起った、あの大惨事を抜きに語れない1年になりました。いや、それは、巨大な自然災害である上に、私たちの社会や暮らしを支えてきた価値観が根底から大きく揺らいだ出来事でした。ぼくがそうであったように、震災の復興に向けて、自分に何ができるかを、悶々とした気持ちで考え続けてきた人も多いことと思います。
 蓮井さんは、被災地に支援物資とともにカメラやプリンターを運び、多くの人のポートレートを撮って、それをハガキにプリントアウトしてプレゼントするという「スマイルレター」という活動を、4月から現在に至るまで継続的に続けてこられました。そして、高田さんは、震災後、全国各地で中止になった花火大会の花火を集め、多くの企業や支援者を巻き込んで、8月11日、東北10カ所で復興支援の花火大会を開催するというLIGHT UP NIPPONに結実させました。
 思っているだけでなく、まず行動を起こす。動きながら、どんどん情報発信して、多くの人を巻き込んでいく。それは、前回、前々回の講師だった佐藤尚之さんが言う、まさにコミュニケーションデザイン。そして、その活動に、ソーシャルメディアが果たした役割は大きなものがあります。でも、もっと重要なことは、蓮井さんは、写真の力で人と人をつなげたこと。高田さんは、プロモーションやイベントの推進力で、多くの人や企業や行政をつなげたこと。おふたりの活動は、ぼくらのふだんの仕事に、そんな大きな潜在力があることを証明してくれたことだと、思っています。
 スマイルレターも、LIGHT UP NIPPONも、まだまだ続きます。そして、被災地の復興への道のりは、今後、何年も、いや何十年の単位でかかるものだと言われています。ぼくも、長い目で、蓮井さんや高田さんといっしょにできることを、考えていきたいと思います(たいしたことはできない、と目線をうんと低く構えて、ですけれど)。
 それにしても、刺激的で白熱した2時間でした!はみだし塾にご参加いただいた多くの方も、きっと、ぼくと同じような思いを持たれたことと思います。

 さて、年が明けて、第5回はみだし塾のゲストは、コミュニティデザインを推進する山崎亮さんです。
 山崎さんの活動は、離島や過疎が進む町や村に入って、コミュニティーが活性化するためのコミュニケーションやデザインを提案し、人と人がつながるしくみをつくるというもの。それこそ、いまの時代が求めている仕事なのではないか? ぼくがいま、もっとも注目する人です。
 山崎さんは、情熱大陸にも取り上げられて、全国各地の講演会でも引っぱりダコの人ですから、ご存知の方も多いでしょう(ほんとうに奇跡的にスケジュールがいただけました)。これまでのはみだし塾のゲストと違って、広告業界には無縁の方ですが、違いはコミュニティーを対象にしているという一点のみ。新しいコミュニケーション、デザインの力、人をつなげる、脱・大量生産大量消費の社会......。多くの点で、その取り組みには共通点があります。そして、コミュニティデザインに、映像の力でできることも、きっとあるはず。ぼくらの「はみだす」先に、山崎亮さんがいるような気がしてならないのです。
 1月20日、せっかくの機会ですから、興味のある方をたくさん誘って、ぜひぜひご参加ください!お待ちしています!

はみだし泰造