第2回はみだし塾

2011.10.12

 

主に広告の企画制作に携わるスタッフのモチベーションアップを図る「はみだしプロジェクト」が立ち上がりました。 2011年10月3日、「はみだしプロジェクト」の一環で広告クリエイターや各シーンで活躍しているアーティストの仕事 への取り組みや考え方を学ぶ「第2回はみだし塾」が開催されました。
「第2回はみだし塾」のゲスト・コミュニケーション・ディレクター・佐藤尚之氏は、ご自身がどのように、はみだして来たかを自己紹介と広告の変化をシンクロさせ、講義をしてくださいました。テーマは、「広告の現状と未来」。
佐藤氏は、1995年に個人サイト「www.さとなお.com」」(http://www.satonao.com/)を立ち上げ、サイト内のコンテンツの内容によって訪問者の"動き"や"反応"を見聞きし、広告の変化を"確信に近い実感"として捉えたそうです。
「これまで生活者は、メディアの前に座っており"たまたま"広告に触れ、効果があった時代でした。これからは伝えたい相手(ターゲット)の動線を考えなければならない。また、メディアクリエイションを行なっていくことも重要だと思う」と語ってくださいました。

佐藤氏は、広告(コミュニケーション)キャンペーンの成功へと導く3つのキーワードを挙げました。
1・メディア接触の変化に伴って生活者と出会う場所を設計するメディア・ニュートラルの時代に突入している。
2・情報洪水の中で、生活者にとって目の前で起こっていることを"自分ごと"と捉えてもらえるような戦略。
3・to people から with peopleへ。ネットを絡め、生活者を巻き込んでブランドを作る。生活者に評価してもらう。

次回の講演も引き続き佐藤氏につとめていただきます。
テーマは、「ソーシャル・メディアが切り開くコミュニケーションの劇的な変化、そこでの映像(動画)の可能性」。

→アンケートを見る

皆様からのご意見、ご感想は今後の「はみだし塾」運営の参考とさせていただきます。
アンケート掲載に際しては、特定できる個人名・商品名・サービス名、また第三者への誹謗中傷するような文章内容を
修正又は削除して掲載しております。

第2回目ゲストプロフィール
佐藤尚之氏
1985年電通入社。
コピーライター、CMプランナーの後、ウェブ・プランナーを経て、コミュニケーション・デザイナーとして活動。2011年4月に電通を退社。現在、株式会社ツナグ代表、電通モダン・コミュニケーション・ラボ 代表、公益社団法人「助けあいジャパン」理事長、内閣官房政策参与。ソーシャルメディアを中心とした次世代ソリューションを扱うコミュニケーション・ディレクター/クリエイティブ・ディレクター。
JIAAグランプリ、新聞広告賞グランプリ、広告電通賞金賞、ACC賞など多数の広告賞を受賞。
代表作は「スラムダンク1億冊感謝キャンペーン」、「NECショートフィルム『it』」。
1995年より個人サイト「www.さとなお.com」」(http://www.satonao.com/)を運営。著書:「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「うまひゃひゃさぬきうどん」(光文社)、「ジバラン」(光文社)。