第3回はみだし塾

2011.11.16

 

「はみだしプロジェクト」は主に広告の企画制作に携わるスタッフのモチベーションアップを狙っています。

今回、2011年11月7日、「はみだしプロジェクト」の一環で広告クリエイターや各シーンで活躍しているアーティストの仕事への取り組みや考え方を学ぶ「第3回はみだし塾」が開催されました。
「第3回はみだし塾」のゲストは、前回に引き続き、コミュニケーション・ディレクターの佐藤尚之氏。 テーマは、佐藤氏の新著作と同名の「明日のコミュニケーション」。
ソーシャルメディアの捉え方について佐藤氏は、「未だに"流行モノ"と言う人がいるけれど、ソーシャルメディアは、
コミュニケーションの大きな流れに乗っています。日々、情報の洪水に接している生活者は、自分に合った商品に短時間でたどり着きたい欲求があります。そこで、自分のことを理解している友人・知人からのリコメンドは、欠くことのできない要素です。生活者は、東日本大震災(以下・震災)を契機に、より人との繋がり・絆の重要性を感じたのだと思います。震災以降、ソーシャルメディア上で様々な職能を持った人々が繋がり、アクションを起こし、プロジェクトになり、ローンチするなど、奇跡を見ているようでしたが、私自身"奇跡のメディア"としてソーシャルメディアを礼賛するわけではありません」と語った。

☆ソーシャルメディアを広告コミュニケーションで展開するにあたり念頭に置くべきこと

◎主導権が送り手(広告マン)から生活者に移った。

◎物事に積極的にコミットする「関与する生活者」同士を強く結び、行動を加速させた。

◎ツイッターの「リツイート」、フェイスブックの「いいね!」によって全受信者が発信者になった。
ツイッターは、情報拡散力がある。それぞれがフォロワーを有しているが、フォロワーの多い人が拡散力が高いわけではない。

◎ソーシャルグラフ(人間相関図)に「広げたい」と思ってもらえるようなクリエイティブが必要。
キーになるのは、ソーシャルメディアの流通貨幣である共感(マスメディアの流通貨幣は情報)。

◎映像は、共感を生む最強のコンテンツ。

◎共感とは、自分の友人・知人に広げたい要素。笑える・泣ける・有益・発見など。共感のある情報は、
勝手に拡散していく(半自覚的)。消費や購買における「関与する生活者」は、友人・知人に大きな影響を与える。仮に100人のフォロワーがいて、それぞれが「リツイート」すると100人×100人×100人の3段階で100万人に影響を与えられる可能性がある。

◎共感クリエイティブを考える上で、ソーシャルメディアの肌感覚、空気感を熟知していないと広告のプロと言えなくなるかもしれない。


→アンケートを見る

皆様からのご意見、ご感想は今後の「はみだし塾」運営の参考とさせていただきます。
アンケート掲載に際しては、特定できる個人名・商品名・サービス名、また第三者への誹謗中傷するような文章内容を修正又は削除して掲載しております。

第3回目ゲストプロフィール
佐藤尚之氏
1985年電通入社。
コピーライター、CMプランナーの後、ウェブ・プランナーを経て、コミュニケーション・デザイナーとして活動。2011年4月に電通を退社。現在、株式会社ツナグ代表、電通モダン・コミュニケーション・ラボ 代表、公益社団法人「助けあいジャパン」理事長、内閣官房政策参与。ソーシャルメディアを中心とした次世代ソリューションを扱うコミュニケーション・ディレクター/クリエイティブ・ディレクター。
JIAAグランプリ、新聞広告賞グランプリ、広告電通賞金賞、ACC賞など多数の広告賞を受賞。
代表作は「スラムダンク1億冊感謝キャンペーン」、「NECショートフィルム『it』」。
1995年より個人サイト「www.さとなお.com」」(http://www.satonao.com/)を運営。著書:「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「うまひゃひゃさぬきうどん」(光文社)、「ジバラン」(光文社)。