第6回はみだし塾

2012.04.14

 

「はみだしプロジェクト」は主に広告の企画制作に携わるスタッフのモチベーションアップを狙っています。

2012年3月28日、「はみだしプロジェクト」の一環で、広告クリエイターや各シーンで活躍しているアーティストの仕事への取り組みや考え方を学ぶ「第6回はみだし塾」が開催されました。

Photo by Hiko Sou(hollyhock)

 



「第6回はみだし塾」のゲストは、アートディレクター/クリエイティブディレクターの秋山具義氏。テーマは、「あなたこそ、はみだそう!秋山具義のはみだし術講座」。
今回、2部構成で講義を行っていただきました。第1部は、秋山氏のこれまでの仕事を中心としたお話。第2部は「撮影現場を楽しくする方法をみんなで考えよう」をテーマに携帯メールを活用し、「はみだし塾」参加者と秋山氏とのトークセッションを行い、終止笑いの絶えない講義となりました。

☆第2部テーマ「撮影現場を楽しくする方法をみんなで考えよう」(「はみだし塾」参加者からの提案)※抜粋

◎撮影中英語を禁止。

◎カットがOKになるたびに、花火が打ち上げられる。

◎撮影の現場ではPMが様々なことをやってくれますが、手一杯で気が回らなくなることもしばしば。なので、撮影環境だけ考える、撮影を楽しくクリエイティブする人がいるといいと思う。

◎現場で衣装を渡されてそれを着て撮影する、コスプレ撮影!

◎おやつツリー。クリスマスツリーのように木を何本か用意し、おやつをぶら下げる。甘いもの塩辛いものを各種取り揃える。

◎言いにくいことは、人形に喋らせる(腹話術)一人一体持参。

◎みんなでする挨拶ヨガ。誰にでも出来る「立ち木」のポーズなどをしながら「YO!」じゃなくても、好きな言葉で挨拶をして、みんなで一瞬マインドを集中してからお仕事をスタート!

◎今日のMVP。スタッフ全員の中から一番頑張った今日のMVPを決定。ベテラン、若手関係なし。クライアント、スタッフ全員からお金を集め、豪華景品プレゼント。

◎サブステージ。撮影現場は、みんなで一つのものを作るわりに、意外と職種間の絡みがない!ので、朝一やセッティング待ちの時間に突如指名され、大声で自己紹介兼一発芸的なことをする。名前を覚えてもらえるのと、もしすべったとしてもいじられてなごむと思います。

◎ホワイTシャツ。スタッフ全員に白Tシャツを配り、自分の本日の強みを前に、背面には本日の弱みをマジックで書く。リアルな強み弱みを書いてもいいし、狙った強み弱みを書いてもいい。

◎カットガール。ラウンドガールのような女性が新しいカットを撮る度にセット裏から出てくる。女性が多い現場はカットボーイ。現場の状況を説明するDJ的な人もいる。ラジオっぽく現場を実況。解説もいる。

◎ドリフの曲で全員撤収。撤収をみんなでともにすると、その日のもめごとを一掃する効果があります。ただしドリフの曲は事故を呼びやすいので曲は要検討。「そっとおやすみ」でもいいです。



→アンケートを見る

皆様からのご意見、ご感想は今後の「はみだし塾」運営の参考とさせていただきます。
アンケート掲載に際しては、特定できる個人名・商品名・サービス名、また第三者への誹謗中傷するような文章内容を修正又は削除して掲載しております。

第6回目ゲストプロフィール
秋山具義 アートディレクター/クリエイティブディレクター
1966年秋葉原生まれ。 1990年日大芸術学部卒。 1999年デイリーフレッシュ設立。
2007年デイリー・フレッシュ・ストアオープン。広告キャンペーン、パッケージ、写真集、CDジャケット、グッズなど幅広い分野でアートディレクションを行なう。主な仕事に、Samantha Thavasa「We♥Samantha」キャンペーン、東洋水産「マルちゃん正麺」広告・パッケージデザイン、AKB OFFICIAL NET 大島優子「わたしと赤ちゃん作らない?」CMなど。日本大学芸術学部講師(2006年度~2009年度)、宣伝会議アートディレクター養成講座講師(2000年度~)。2009年「ファストアイデア25 」出版。
ホームページ www.d-fresh.com/gugi/
blog「秋山具義のラーメンとデザイン」http://ameblo.jp/gugi